投資信託 長期投資

投資信託の目論見書の見方

 

アベノミクスの影響からか、投資信託に
興味をもたれている方が増えています。

 

 

 

しかしよくわからないまま投資に力を入れてしまうと、
思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性があります。

 

 

 

そこで投資信託の基本中の基本である
投資信託の目論見書の見方をお伝えしたいと思います。

 

 

そもそも投資信託の目論見書とはなんでしょうか?

 

 

 

投資信託説明書とは投資信託の特徴や運用方針、
どんな対象や地域に投資をしているのか、その投資には
どんなリスクがあるのかなど、投資信託に関する重要な情報が
記載されているとても大切な書類が投資信託の目論見書です。

 

 

 

つまり投資家が投資すべきかどうかを判断するために
必要であり、最も参考になる情報源ともいえます。

 

 

 

つまり投資信託の目論見書は投資信託選びを最適に
サポートしてくれる便利なマニュアルであるといえますね。

 

 

 

投資信託の目論見書をみるときは、
必ずファンドの目的と特色を確かめるようにしてください。

 

 

 

 

投資信託の目論見書にはファンドがどのような資産に
投資をし運用しているのか、今後の目標などが簡潔に
かかれています。

 

 

 

投資信託の目論見書を利用して投資信託にも成功しましょう。