投資信託 長期投資

債券投資の仕組み

 

債券は、株式とは反対の値動きをしやすい性質があり、
株式とは逆の動きをしやすく、相関性は低いです。

 

 

 

国や地方公共団体、独立行政法人、事業会社、
国際機関、外国の政府や企業などが資金調達のために
発行するのが債券であり、資金調達のために発行する
という点では、株式と同じですが、債権の場合、
利率や満期日などが決められています。

 

 

 

債券投資の仕組みは、債券の購入で定期的に
利率分の利子を受け取れるようになっていて、
満期日には償還金を受け取ることができます。

 

 

 

債券投資をするということは、発行体にお金を貸すことを
意味していているので、発行体の信用力には注意を要します。

 

 

 

債券投資をする場合、国内と海外に市場がありますが、
日本では国内指標で日本国債10年、海外指標では
米国債10年の流通利回りが注目されています。

 

 

 

市場は、金融機関や機関投資家など、主にプロが
参加するマーケットで、参加者は債券ディーラー、
債券トレーダー、ブローカー、機関投資家が主となります。

 

 

 

債券価格は、債券市場を通して日々価格が形成されており、
取引価格は利回りと表裏一体で、理論価格は債券から生じる
将来のキャッシュフローの価値を元に計算します。