投資信託 長期投資

長期投資と複利の効果

 

長期投資を行う上で、複利の効果は
とても重要であると言われています。

 

 

 

そもそも、複利の効果とは何でしょうか。

 

 

 

複利というのは、元本で得た利益を
元本に組み入れていく方法になります。

 

 

つまり、100万円を元本に投資した翌年、
10%の利益が出たため、この10%の利益である
10万円を元本に組み入れて翌年110万円として
再投資を行います。

 

 

 

同じく10%利益が出れば、
2年目に得られる利益は11万円ですよね。

 

 

 

しかし、1年目に10万円の利益が出た時に、
その利益を確定させて、再度100万円を元本として
再投資をしたばあには、得られる利益は10万円です。

 

 

 

ここで1万円の利益の差が出てきます。

 

 

 

この1万円の差が複利の効果になります。

 

 

 

長期投資を行うときには、
この差がさらに増えていくことになりますよね。

 

 

 

長期投資で複利の効果を例えるのであれば、
雪玉になります。

 

 

 

初めは小さい雪玉でも、
コロコロ転がして行くと大きな雪玉になりますよね。

 

 

 

イメージとしては分かりやすいと思います。

 

 

 

しかし、投資はもともと元本や利息の保障が
されている金融商品ではないため、転がした雪玉が
壊れるように、元本割れを起こすこともあります。