投資信託 長期投資

退職金を投資信託で長期運用するときの注意点

 

一般的な人が一度に大きな資金を得ることが出来る
機会といえば、退職金というものがあります。

 

 

 

老後安心して暮らすために、退職金を運用して
資産を増やしたいという人は多いと思います。

 

 

 

しかし、退職金を資金として投資信託で長期運用を
する時には、いくつかの注意点があります。

 

 

 

まず第一に、投資信託は元本や利息が保障されている
金融商品ではないことです。

 

 

 

預貯金やMRFやMMFといった金融商品は、
元本割れのリスクが低いものですが、投資信託は
場合によっては元本割れを起こすことがある
商品であるということを認識しておきましょう。

 

 

 

 

ハイリスクハイリターンの商品より、
ローリスクローリターンの商品を選ぶように
した方がよいようです。

 

 

 

 

また、できれば投資信託の中でも、必要なときに
必要な金額を手元に戻すことが出来る商品を
選ぶことが重要です。

 

 

 

必要なときに必要な金額を手元に元すことができない
ような投資を行うと、資金はあるはずなのにお金がない。

 

 

 

という予期せぬ出来事が起こる場合があります。

 

 

 

 

投資信託の中には、複利ではなく利益を毎月
自分の口座に振り込んでくれるといいうような商品も
ありますので、退職金を投資信託で長期運用する
のであれば、そのような商品を選んでみるというのも
良いのではないでしょうか。