投資信託 長期投資

投資信託で長期投資での目標金額の設定

 

投資信託で長期投資を行う場合、
目標金額はどのように設定すればいいのでしょう。

 

 

 

長期投資の場合、長い時間をかけて資産運用する
ことになるので、目標を設定するということはかなり重要です。

 

 

 

目標を設定せずにただ取引するのは危険で、
目標を決めてその進捗率を確認していかなくては、
取引の欠点や修正点を見出すことはできません。

 

 

 

投資信託で長期投資を行う場合の目標金額の設定は、
利益額そのものではなく、利益率で設定することが望まれます。

 

 

 

投資金額が多くなるとそれだけ、
損失も大きくなる危険性があるからです。

 

 

 

 

投資効率の向上や維持を考える必要が長期投資を
行う場合には求められるので、投資した金額に対して
どれだけの割合で利益を得られるかという考え方を
していかなくてはなりません。

 

 

 

そうすることで投資能力を磨くことができるのです。

 

 

 

長期投資の場合、目標金額を3000万円とか、
1億円とか過度の金額を定めるのではなく、
1年約600万円くらいが妥当です。

 

 

 

そして、1年で20%といったように無理のない目標で、
少し低めに設定した上で、必ず達成できると思えるような
気持ちで投資することがマインド的に大事です。