投資信託 長期投資

投資信託の長期投資は早く始めたほうがいい

 

投資信託と聞くと皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

 

実際に銀行の窓口で投資信託を進められている人も
いると思いますが、実際に投資信託を買って運用して
みるというところまで行き着かない人も多いようです。

 

 

 

実際に個人が投資信託を購入して
その保有年数は3年弱と言われています。

 

 

 

投資信託は短期よりも長期投資がリスクも少なく
資産作りに最適だとされているので、3年弱で短すぎます。

 

 

 

さらに投資信託の長期投資は早く始めたほうがいい
と言われています。

 

 

 

実際には投資信託で資産を運用する場合は、
早ければ早いほどリスクをおさえることができ、
収益も多く受取ることができます。

 

 

 

 

いかに早く投資信託の運用を、年齢が若いうちに
始めた方が有利になるのか?

 

 

というのは、投資信託の長期投資を
やっている人なら誰でも分かることなのです。

 

 

 

実際に20歳年齢が離れてしまうと
500万円以上の開きが出てしまう可能性が高いです。

 

 

 

このように投資信託をするなら長期信託がリスクが
少ないですが、しっかりと短期ではなく、長期で運用
することを早い年齢の段階からすることをおすすめします。