投資信託 長期投資

ドルコスト平均法とは

 

様々な金融商品を使って投資をする際に
「ドルコスト平均法」という手法を使って
投資をする人がいます。

 

 

 

このドルコスト平均法はどのような投資方法なのか?

 

 

というと、別名「定額購入法」という
言い方もされる投資方法です。

 

 

 

実際にドルコスト平均法はどのような投資方法なのか?

 

 

というと、株や投資信託などの金融商品と
言われている商品を購入するばあい、一回に
全て購入するのではなく、自分が持っている資金を
分割にして毎月均等に継続的に投資していく
スタイルをドルコスト平均法と言います。

 

 

 

1年のスパンで分割で投資している人が多く、
投資に使える予算を2分割して、月末ごとに
資金の1/12を投入し、一年かけて全ての
金融商品を買っていくのが、ドルコスト平均法の
一般的な投資方法になります。

 

 

 

ドルコスト平均法のメリットはなによりも
「リスクを最小限に抑制できる」メリットがあります。

 

 

 

毎月小額でも良いから安定した収益を
得ていきたいと思ってる人におすすめの
投資スタイルになります。

 

 

 

このようにドルコスト平均法とは、自分が持っている
資金を分割にして毎月均等に継続的に投資していく
スタイルをドルコスト平均法と言います。