投資信託 長期投資

資産配分(アセットアロケーション)の考え方

 

投資信託で損をしないためには、
資産配分(アセットアロケーション)が重要です。

 

 

 

資産配分とは、資産を複数の異なる資産に分けて
配ることで、リスクを減らせるという特徴があります。

 

 

 

長期投資するには、効率的な運用が必要です。

 

 

 

ですから、アセットアロケーションという考え方こそが、
投資信託と長く付き合っていくために欠かせない
要素なのです。

 

 

 

資産配分については、投資の成否の
80〜90%を決めているとも、現在
ポートフォリオ理論では言われています。

 

 

 

投資する市場・場所を基本にするのが、
アセットロケーションの考え方です。

 

 

 

投資対象には、
株式、債券、不動産、商品(コモディティ)
があります。

 

 

 

投資場所には、
日本、米国、先進国、新興国、世界全体などがあります。

 

 

 

資産配分する際には、これらのそれぞれに対し
行うのですが、その際は国内株式、国内債券、
外国株式、外国債券と言うと分かりやすいでしょうか。

 

 

 

長期投資するためにリスクを減らす資産配分は、
リターンも当然小さくなります。

 

 

 

期待リターンが高ければ高いほど、
リスクが高くなるのは投資信託において当然です。

 

 

 

アセットロケーションをどう組むか、
国や株式・債券にどう投資するのかは、
どれだけのリスクを覚悟できているかによります。