投資信託 長期投資

投資信託のリバランスについて

 

投資信託のリバランスというのは、資産クラスの
変化した配分を運用時の配分に戻すことを言います。

 

 

簡単に言うとメンテナンスということになります。

 

 

自分にとって一番良い資産クラスにして終わりでは
なく、常に値動きは変動するので配分はズレが
生じてきます。

 

 

 

元の配分に戻す調整を自分で行わないといけません。

 

 

 

投資信託のリバランスが何故大切なのかは、
このメンテナンスを行わないと考えていた以上の
リスクを負ってしまうこともありますし、予想よりも
リターンが小さいということにもなります。

 

 

 

自分が理想とする運用ができなくなるのです。

 

 

 

そのために運用スタートした時の配分を
ずっと維持することが必要なのです。

 

 

 

投資信託のリバランスをすると、
何もしない時と比べリスクも改善される
ということです。

 

 

 

変動の幅を抑えられる効果があるのです。

 

 

 

人によっていつリバランスを行うのかは違うと
思いますが、半年ごとや1年ごとが多いと思います。

 

 

 

何回もすればそれだけ良いのかと言うと、よりコストが
かかることもあり運用が不安定になる可能性もあります。

 

 

自分で行う日を決めておくと良いでしょう。