投資信託 長期投資

長期投資のための投資信託の選び方

 

長期投資のための投資信託の選び方は、何と言っても、
長期にわたって安定的に投資することができ、
大きく資産をふやせるというのが条件になります。

 

 

そのため、まず、信託期限が無期限である
投資信託を選択しなければなりません。

 

 

信託期限の長いものには10年というものがありますが、
実際、10年というのはあっと言う間に過ぎます。

 

 

 

実際、長期投資をしていくためには、
信託期限は無期限であることが望まれます。

 

 

 

そして、長期投資のためには、目先の利益に
こだわっていては大きな利益を生むことはできないので、
同一の投資対象に投資していくことが大事です。

 

 

 

複利効果が得られるよう配慮しなければならないので、
毎月分配型投資信託などは、決して利用しないことです。

 

 

 

そして、長期投資の場合、コスト意識をしっかり持つ
必要があり、そのためには、信託報酬が低いものを
選ばなければなりません。

 

 

 

購入時手数料がかかるかどうかもチェックする必要があり、
長期投資のための投資信託を選ぶのなら、
購入時手数料がかからないノーロード型の
投資信託がおすすめです。

 

 

 

総資産が大きいほど分散投資が可能で
投資信託自身の体力も強固になるので、
総資産が大きい投資信託を選ぶことも大事です。

長期投資のための選び方記事一覧

信託期限は無期限のものを選ぶ

信託期限は無期限のものを選ぶことです。投資信託をする場合、通常、信託期限が設けられていて、信託期限が来ると運用はそれで終了します。実際、5年や10年の期限では、資産形成をしっかりすることはできません。長期投資をするなら、信託期限は無期限のものを選ぶ必要があります。無期限のものなら、いつでも購入ができ...

≫続きを読む

分配金を再投資するものを選ぶ

投資信託には大きく分けると二つの種類があります。一つは投資信託で得た利益を分配するときに、分配金を利益と確定して毎月指定している口座に振り込むタイプのものと、分配金を元本に組み入れて再投資するというものです。退職金を資金として運用する場合であれば、前者の利益を毎月指定している口座に振り込むタイプでも...

≫続きを読む

運用資金が増え続けているものを選ぶ

投資信託は選ぶインデックスを失敗してしまうとやはりリスクが高くなってしまいますよね。では、失敗しない投資信託を選ぶためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。ポイントはいくつかあるようですが、その中の一つに、「運用資金が増え続けているものを選ぶ」という方法があります。投資信託はその投資信託に投資家...

≫続きを読む

純資産残高はどれぐらい

純資産残高とは、投資家からの投資金額の合計に、運用で変動した結果を反映させた金額をさします。もちろん、投資家が多いほど純資産残高が大きくなるので、純資産残高の大きいファンドは多くの投資家に人気が高い、つまり、より支持されている証明となります。また、純資産残高は過去の運用成績にも影響を受けます。投資信...

≫続きを読む

自動積立を選ぶ

資産運用の方法の一つに投資信託があります。投資信託はファンドと呼ばれるもので、投資家から集めた資金を運用の専門家が株式や債券などに投資・運用をして、その運用成果を投資家にそれぞれの投資金額に応じて配分するという仕組みになっています。投資は一気に行うよりも、実はタイミングを分けて購入をすることで、リス...

≫続きを読む