投資信託 長期投資

証券会社や投信会社が倒産した場合どうなる

 

最近では証券会社や投資信託の会社は
とても沢山ありますよね。

 

 

 

もし、自分が利用している証券会社や投資信託の
会社が倒産した場合、自分が預けている資産は
どうなるのでしょうか。

 

 

 

証券会社は、投資家から預かる有価証券や
金銭については、自分のk市綾の資金とは分離して
管理をするように「金融商品取引法」という法律で
義務付けられています。

 

 

 

投資信託についても、運用資産は信託銀行において、
信託銀行自身の資産とは区別して管理されています。

 

 

 

そのため、たとえ証券会社や投資信託の会社が
倒産したとしても、基本としては投資家に返還される
ことになっています。

 

 

 

万が一、円滑に変返還が行われない場合に備えて、
日本投資者保護基金という金融商品取引法に
基づいて設立されている法人があり、全証券会社が
加入する義務があります。

 

 

 

この日本投資者保護基金が、証券会社に代わり
その損失を補償して投資者の保護を図り、証券取引に
関係する信頼性を維持しています。

 

 

 

投資家の資産については、
有価証券や店頭デリバティブ取引に係るもの、
信用取引の評価益などをを除いて、原則として
一顧客当たり1,000万円まで補償されています。