投資信託 長期投資

投資信託とは?

 

投資信託という投資方法が注目されていますが、
この投資信託とはどのような資産運用なの?

 

 

と思っている人は意外と多く、日本ではなかなか
資産運用が難しいと言われている中で、投資信託が
注目されています。

 

 

 

実際にこの投資信託はどのような投資方法なのかというと、
「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、
運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」
のことを投資信託と言います。

 

 

 

よく投資信託を勘違いする人がいますが、
どのように勘違いするのかというと、

 

 

「プロにお金を預ければそれだけで資産が増える」と
思っている人が多いのですが、投資信託の運用成績は
市場環境などによって変動するリスクがあります。

 

 

 

投資信託のメリットは投資信託の運用がうまくいって
利益が得られることがメリットですし、運用がうまくいかず
投資した額を下回って、損をすることもあることがデメリットと言えます。

 

 

 

 

このように投資信託とは投資家から集めたお金を
ひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が
株式や債券などに投資・運用する商品を投資信託
と言います。

投資信託とは?記事一覧

投資信託会社とは

投資信託会社とは、投資家の資産運用を行う会社のとことで、投資対象によって、運用チームが作られます。運用チームをファンドと言い、株式を運用するチームを株式ファンド、国債に投資する時は、国債ファンドと言います。投資信託会社は、投資家から集めた資金の実質的な運用方法を決めて指示を出します。会社のアナリスト...

≫続きを読む

受託銀行とは

最近はCM等でも「投資信託」という言葉をよく見かけますよね。投資信託とは契約型投資信託というのが正しい呼び方で、委託者、受託者、場合によっては加えて受益者の2者、もしくは3者で構成される金融商品です。投資信託では元本割れの危険性もありますし、管理が重要になってきます。投資信託では投資家が販売会社を通...

≫続きを読む

信託報酬とは

投資信託をする上で、避けては通れないのが、信託報酬と呼ばれる手数料の存在です。信託報酬は、別名管理手数料ともいい、信託投資を持っている間常に発生し続ける手数料となっています。一般的に、投資信託は長期にわたる投資の金融商品となっていますから、信託報酬の存在はとても大きなもの。信託報酬が高いか低いかで、...

≫続きを読む

信託財産留保額とは

投資信託の信託財産留保額とは解約手数料のことを指しています。投資家がファンドを解約する場合には、ファンド側が現金を用意して支払う必要があるのです。簡単に言うと契約を途中で解約する際の罰金のようなものだと思います。投資信託の信託財産留保額は、ファンドによりますので一定ではありません。期間問わず途中解約...

≫続きを読む

基準価額とは

投資信託には「基準価額」というものがあります。この基準価額とはいったいどのようなものなのでしょうか。この投資信託の基準価額というのは、投資家が投資信託を売買するときの「時価」に当たるものです。投資信託の価額というのは、純資産の総額(資産の総額から費用を差し引いた額)を受益権口数で割ったものになります...

≫続きを読む

購入時手数料とは

投資信託には購入時手数料がかかります。投資信託は、多くの場合、購入時手数料がかかり、購入する投資信託の金額に応じてかかってきます。例えば、10万円分購入する際、2.1%の購入時手数料がかかったとすると、2100円の手数料を支払う必要が出てくるわけです。3.15%の購入時手数料なら、3150円の手数料...

≫続きを読む

直販投信とは

投資信託が誕生してからまだ歴史も浅い部分もありますが、最近ではこの投資信託にも様々な投資信託のスタイルが誕生しているのですが、特に最近注目されている投資信託が「直販投信」というスタイルになります。最近注目されている投資信託が「直販投信」という投資方法ですが、実際に直販投信はどのような投資方法なのか?...

≫続きを読む

税金

投資信託も株と同じように税金がかかってきます。その税金はほぼ株と同じような扱いになっているので、株をしている人にとっては簡単でしょう。ですがやっぱりきちんと知っておかないといけないのが税金です。投資信託にかかる税金はどうなっているのでしょうか。投資信託で得た利益には税金がかかるのですが取り扱い方は「...

≫続きを読む